【決定版】男の赤ら顔をすぐ治す方法を解説|私はこれで赤ら顔が治った!

赤ら顔の悩み

「男なのにほっぺたが赤くて恥ずかしい」

「赤ら顔だと田舎っぽく見えるし幼く見られる」

「どうにか赤ら顔を治したい」


赤ら顔の男性の人の多くはこう言った悩みを抱えています。
悩みの種が顔にあるので本人にとっては深刻なものです。

また、男性がゆえお化粧でカバーをするというのも躊躇してしまいがちです。
そして、赤ら顔のコンプレックスが原因で自分に自信も持てず、なかなか外交的になれないという人も多くいます。

しかし、赤ら顔は原因がわかっている症状なので、しっかりと対策をおこなえば治すことが可能です。

赤ら顔は体質だからと仕方がないと諦める必要はありません。
このページでは実際に多くの男性が赤ら顔の症状が治ったという対策を解説しています。
after
赤ら顔に効く化粧水第1位はこちら

赤ら顔化粧水ランキングトップ5こちら

具体的に赤ら顔を治す効果的な方法は3つ

具体的に赤ら顔を治す効果的な方法は、次の3つです。 1つずつ順番に解説していきます。

また、それ以外にも
「赤ら顔を悪化させてしまうしてはいけない悪習慣」
「赤ら顔の原因」
「赤ら顔にニベアは効くのか?」
「赤ら顔と自律神経の関係」


などもこのページ内で解説していますので、興味のある方は最後までお読みください。

赤ら顔を治す方法その1:専用の化粧水でケアする

赤ら顔の化粧水
赤ら顔の人はその多くが敏感肌&乾燥肌体質です。
肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下して外部からの刺激に対して反応が出やすくなります。

赤ら顔用の化粧水には赤みを抑える成分もが配合されています。
赤ら顔専用の化粧水でしっかり毎日保湿をすることで皮膚の再生(ターンオーバー)のたびに肌の体質が変わっていきます。

朝の洗顔後と夜の入浴後の美容液代わりに使用しましょう。

赤ら顔化粧水第1位はこちら

赤ら顔に効く化粧水ランキング

赤ら顔を治す方法その2:レーザー照射で治す

レーザー照射
シミなどを消す際にレーザー光線を照射するとシミを消すことができますが、それと同じようにレーザーを頬の赤みに照射することで赤みの原因である毛細血管を破壊することができます。

ただレーザー治療はデメリットもあります。

まず、料金が1回2万円程度で保険は適応外なので全額自己負担になります。
また、照射の面積が大きいので1度で完治することはあまりなく5回から10回ほど繰り返すことで改善することができます。(個人差があります)

そして、照射した箇所はカサブタになり10日から14日程度で徐々に戻っていきます。
1度照射すると次の照射まで最低1ヶ月以上は空ける必要がありますので、半年から1年を要する必要があります。

赤ら顔のレーザー治療は専用の機材が設備されているクリニックでしかおこなうことができませんので、あらかじめホームページなどで確認してから予約をしましょう。

赤ら顔のレーザー治療ができるクリニックを探すにはこちら

赤ら顔を治す方法の動画を見る

赤ら顔を治す方法その3:肌を強くして赤ら顔を改善する

皮膚を強化
赤ら顔の人はそのほとんどが、顔の皮膚自体が薄くて敏感肌ということが原因です。
とくに冬は外気の気温差で顔が火照りやすく、赤ら顔の症状も悪化しやすくなります。

ですので、皮膚自体を厚くして強くすれば、外部の刺激からの影響を受けにくくなります。
そのためには、毎日肌に刺激を与えて膚を強くすれば良いのです。

効果的な方法は、熱めのお湯と冷水の交互に顔をつけるという方法です。
洗面器を2つ用意し、それぞれに熱めのお湯と冷水を入れ5秒-7秒ずつ交互に5セットおこないます。 そして、タオルでしっかりと拭いた後に化粧水などでつけながら顔をかるく叩いて刺激を与えましょう。 毎日繰り返すことで肌が徐々に強くなっていきます。
最後にはしっかり化粧水で保湿をすることが大切です。
何もしないでおくと肌が乾燥し肌のバリア機能が低下するので赤ら顔の症状が悪化することがあります。

【ただし注意が必要!】
ただし、赤ら顔の人はもともと皮膚が弱いので、やりすぎは肌に負担をかけてしまい逆に悪化させることにもなりますで、最初から過度な刺激はせず徐々に慣らしておこなうようにしましょう。

赤ら顔を治す方法の動画を見る

赤ら顔を悪化させてしまう悪い習慣

悪化させる行為
赤ら顔の人はとくに酒を飲んだときや冬場の寒暖差などで頬が赤くなります。

顔が火照るのでそれを抑えようと冷たい水やおしぼりなどで拭って熱を下げようとする人が多いですが、それらは逆効果です。

一瞬は冷たくて気持ちが良いですが、刺激を与えてしまうことでさらに頬の血流が良くなり症状が悪化します。

そういったときは、頬になるべく刺激は与えずに室内の気温を下げたり、全身の血流が良くなるツボを押して顔の血流の滞りを流すようにしましょう。

赤ら顔に効くツボ

簡単に押せるのが親指と人差し指の間の付け根にある虎口(ここう)というツボです。

赤ら顔に効くツボ
1回10秒を3セット(左右両方)押すようにしましょう。
また、タバコを吸うと全身の血管が縮こまり血流が著しく悪くなり、赤ら顔の症状を悪化させますのでタバコはできるだけ控えましょう。

赤ら顔の原因は?

赤ら顔の原因はほとんどの場合、次の3つです。そして複数該当する場合も多くあります。
1、皮膚そのものが薄い。
2、乾燥肌・敏感肌。
3、色白。
皮膚が薄い場合やもともと色白だと、皮膚下の毛細血管が透けて見えやすいので何もしていなくても日頃から頬が赤く見えます。

また、敏感肌の場合は外部からの刺激に対して過敏に反応してしまいます。
ですので、外気の気温や感想などちょっとしたことで皮膚下の毛細血管が拡張して頬が赤く目立ちやすいのです。

赤ら顔にニベアやオロナインは効くの?

赤ら顔と検索をすると複合キーワードで「ニベア」や「オロナイン」というワードが出てきますが、赤ら顔にニベアやオロナインは効くのでしょうか?
答えはNOです。ニベアは単なる保湿クリームで赤ら顔の改善には効果がありません。
また、オロナインは殺菌効果があり傷や軽めのニキビには効きますが赤ら顔には効きません。

赤ら顔と自律神経の関係

自律神経を整える
赤ら顔ということがコンプレックスで人の目を気にしていると、逆に頬の部分へ意識が集中して火照ってしまうことになります。
また、それがストレスになって自律神経が不安定になり末端冷え性になり、赤ら顔の悪化の原因にもなります。

意識的に深呼吸をしたりツボを押したりすることで自律神経が安定し血流が良くなり、赤ら顔の症状が緩和されます。

赤ら顔の男性をどう思いますか?【世間の声まとめ】

【20代女性】
ほっぺが赤いと東北の田舎出身なのかと思ってしまう。うぶなイメージがあるかも。
【20代女性】
肌が白くてかわいい感じがするけど、自分だったら少しイヤかも。
【20代女性】
酔っ払ってすぐほっぺが赤くなるイメージ。私はかわいいと思いますよ。
【10代女性】
とくに悪いイメージもないけれど少し子供っぽく見えるかも。
【30代女性】
肌が弱くて敏感肌そう。火照っている時はかわいそう。
【40代女性】
目がいってしまうのはあるかも。女性はお化粧すればいいけど男性は隠せないから目立ちますよね。
【10代女性】
恥ずかしがり屋なのかと思っちゃう。ウブな印象があります。
【20代女性】
純粋なイメージ。私は嫌いじゃないですよ。
【30代女性】
私は目立つから皮膚科へ行って治したら良いのにと思ってしまいます。
【40代女性】
どうしても垢抜けない感じは否めないですね。
赤ら顔を隠すメイクアイテムを紹介!カラー選びが鍵!赤みを隠すポイント

毛細血管拡張症の治療法|山手皮フ科クリニック

【決定版】男の赤ら顔をすぐ治す方法を解説|私はこれで赤ら顔が治った!

ページトップボタン